無料コンサルを依頼
この記事をシェアしよう!

日本は少子高齢化社会で需要が減少していくことから、海外展開を検討し始める企業が増えていきます。海外展開を行う際に必要となるのが「グローバル戦略」です。グローバル戦略とは何なのでしょうか?なぜ必要なのでしょうか?ここでは、世界で活躍するユニクロの成功事例と合わせて、グローバル戦略を成功させる秘訣をご紹介します。

グローバル戦略とは

グローバル戦略とは何なのか?なぜ必要なのでしょうか?まずは、グローバル戦略について分かりやすく解説します。

そもそも「グローバル戦略」とは

グローバル戦略とは、海外にも視野を向けてビジネス展開をしていくことをいいます。世界各国の需要に目を向けて、多くの人にサービス・商品が提供できるように戦略を練っていくのです。
グローバル戦略を立てる場合は、より効率的に生産や販売ができる拠点を設けたり、パートナー企業を探したりします。これらの計画を踏まえて「グローバル戦略」といいます。

グローバル戦略の重要性

日本は少子高齢化社会のため、市場規模は年々縮小していくことが多く、ビジネス機会も限定的になります。しかし、グローバル展開すれば市場規模を拡大することができます。
また、国内のビジネスは競争が激化しています。消費者側が商品・サービスを選べる時代となりました。グローバル戦略を立てる際は、外国人採用を行うことが多いですが、文化や習慣が異なる人材を採用することでイノベーションを起こすこともできます。このような理由によって、グローバル戦略が重要だといわれているのです。

グローバル戦略の立て方

グローバル戦略は、目的を明確にすることが大切です。その後に、市場調査を行います。国内で商品やサービスが好評だからという理由で、海外市場でも成功するとは限りません。競合他社や市場規模について調査を行った上でグローバル戦略を立てましょう。

グローバル戦略を立てる際のポイント

次に、グローバル戦略を立てる際のポイントをご紹介します。

海外展開を決断する

海外展開を実現するためにグローバル戦略を立てますが、初めての試みだと慎重に計画を立てる企業が多いです。しかし、国内と海外は文化や習慣が異なります。慎重に物事を考えていった結果、海外の競合他社に市場を奪われて失敗するケースも少なくありません。
海外のビジネス展開はスピードが大切であることも理解しておくことが大切です。これらのスピードに対応していくためにも、グローバル戦略を立てる際に海外展開を決断しておきましょう。

市場調査は入念に行う

グローバル戦略を立てる前に、市場調査は入念に行ってください。国内で商品が売れるから、海外でも商品が売れるとは限りません。各国で文化や習慣は異なるため、商品をローカライズする必要があります。
また、海外展開すると競合他社も変わってくるでしょう。どのような競合他社が存在するのか調査をして、ビジネス機会があるかを見極めて戦略を立てていくことが重要です。

コンサルティング会社に相談する

ECサイト運営をすれば、海外拠点を設けなくても海外進出できるようになりました。しかし、一般的なビジネスの場合は、海外拠点を設けます。そのため、パートナー企業を探したり、現地の人を採用したりしなければいきません。
また、現地の文化や習慣、法律などの知識も必要になります。これらのネットワークや知識に自信が持てない方は、必ずコンサルティング会社に相談をしましょう。

グローバル戦略を立てるメリット

グローバル戦略の立て方をご紹介してきましたが、どのような効果が得られるのでしょうか?ここでは、グローバル戦略を立てるメリットについて解説します。

商圏範囲が拡大する

繰り返しになりますが、海外展開すれば商圏範囲が拡大します。日本は少子高齢化のため、国内だけでビジネスを展開すると限定的になってしまいます。
しかし、世界に目を向けると商圏範囲を拡大することができるのです。日本製の「Made in Japan」は品質が世界各地で認められているため、ビジネス展開できる基盤は整えられていると考えも良いでしょう。そのため、海外展開を考える企業が増えてきているのです。

生産コストの削減

海外諸国の中でも、オフショアでビジネス展開をすれば、安い人件費で労働を得ることができます。そのため、さまざまな企業がオフショアを生産拠点に設けているのです。グローバル戦略を立てていけば、商圏範囲の拡大だけではなく、生産コストの削減方法も見つけることができます。

新しいビジネスが生まれる

日本の製造業は世界トップクラスの技術を誇りますが、IT技術力では他国に軍配が上がります。近頃は、デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速しているため、ITがビジネに大きなインパクトを与えることを軽視してはいけません。
しかし、海外人材を採用することで、先進的技術を取り入れるチャンスが得られます。新しいビジネスを生むために、積極的に海外人材を起用する企業も少なくないのです。

グローバル戦略を立てるデメリット

次に、グローバル戦略を立てるデメリットをご紹介します。

海外人材の採用は難しい

世界の文化は、各国で異なります。それは、仕事に対する姿勢にも該当するでしょう。日本人は、仕事に対して強い責任感を持っていますが、外国人は異なります。報酬以上の仕事はしたくないと考えや、欠勤も当たり前とする考えを持っていることに驚くでしょう。そのため、海外展開する国によっては、海外人材の採用は難しくなります。

文化や習慣が異なる

海外展開する場合は、各国で文化や習慣が異なることを理解しておきましょう。国内で売れた商品が海外でも売れるとは限りません。安易な気持ちで、海外展開すると失敗に終わってしまいます。そのため、文化や習慣を理解しているコンサルティング会社に協力を仰ぎましょう。

情報管理が難しい

海外拠点を置くことを見据えて、グローバル戦略を立てる場合は情報管理方法も検討してください。海外拠点を設ける場合は、各拠点で情報共有をしていくことになりますが、日本企業が運用するITシステムは海外拠点で使用できません。
一般的には、現地のITシステムを導入することになります。そのため、各拠点のITシステムの統合性が取れないと悩む企業も珍しくありません。そのため、どのように情報管理を行っていくかを検討しましょう。

[成功事例]ユニクロのグローバル戦略

ユニクロは、世界各地に拠点を設けて売上を伸ばすトップクラスの企業です。ユニクロは、どのようなグローバル戦略を立てて成功に至ったのでしょうか?ここでは、ユニクロのグローバル戦略をご紹介します。

GUを立ち上げた理由

ファーストリテイリングは、GUのブランドを立ち上げました。フリースやヒートテックの人気商品で市場拡大に成功していましたが、少子高齢化のため消費縮小傾向が影響すると捉えて、若者向けの低価格ブランド「GU」を立ち上げたのです。ユニクロとGUの異なるブランドを持つことで、国内の消費縮小傾向を乗り越えようとしています。

ローカライズ戦略で海外進出に成功

ユニクロが世界各地で人気の理由は、ジャストフィットなローカライズ戦略です。東南アジア市場では、ムスリム向のヒジャブを展開したり、経済成長による海外出張者が多い国には、年中フリースを販売するなど、現地の文化や習慣に寄り添うビジネス展開で成功を収めています。

ユニクロが仕掛けるインバウンド市場

ユニクロは、インバウンド事業にも長けています。世界各地にあるユニクロ店舗の商品は、国内店舗より販売価格が高く設定されているのです。そのため、日本の店舗に来ると割安で商品を購入することができます。また、国内限定・コラボ商品など希少価値のあるアイテムの投入をして、訪日客に店舗に遊びに来てもらえるように仕掛けています。

まとめ

今回は、グローバル戦略について解説しました。海外展開すれば、商圏範囲を拡大できたり、イノベーションを起こせたりします。しかし、各国で文化や習慣は異なります。それらを理解しないまま海外展開すると苦悩してしまうでしょう。
そのため、グローバル戦略を立てる場合は、ぜひ、コンサルティング会社に相談をしてみてください。株式会社まじすけでも、海外展開の相談を受け付けています。ぜひ、海外進出を検討している方はご相談ください。

この記事をシェアしよう!

まじすけ株式会社では世界20ヵ国以上の現地マーケターと共に、BtoCサービスの海外マーケティングを支援しています。「自社の商品やサービスを海外に展開したい」、「どこの国をターゲットにするか悩んでいる」などご質問・お悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

お役立ち資料一覧 会社概要資料 実績紹介 無料コンサルを依頼

まじすけ株式会社のサービス

海外SNS運用

海外インフルエンサー施策

スタートアップ向けコンサルティング

海外向けUX改善

スタートアップ、C向けサービスの海外進出マーケティングを支援します。

ご質問・お問い合わせ、お気軽にご相談くださいませ。