無料コンサルを依頼
この記事をシェアしよう!

海外マーケティングでも、コンテンツマーケティングは人気です。コンテンツである記事や動画は、一度制作すれば、企業の資産となります。また、人件費だけで手軽に始められることもコンテンツマーケティングの魅力です。しかし、国内と海外のコンテンツマーケティングの方法は大きく異なるので注意してください。実際に、どのように異なるのでしょうか?ここでは、海外コンテンツマーケティグの方法について分かりやすく解説します。

海外コンテンツマーケティングとは?

そもそも「コンテンツマーケティング」とは、何なのでしょうか?ここでは、コンテンツマーケティングのメリット・デメリットについてご紹介します。

コンテンツの種類

メリット

広告運用は即効性が期待できますが宣伝広告費が必要で、その費用がなくなれば広告掲載が終わってしまいます。その一方で、コンテンツマーケティングは記事執筆だけで始められるため、人件費以外の費用が発生しません。また、執筆した記事は企業の資産となります。
近頃は、SNSが普及してきているため、良質な記事であればSNSでシェアされて情報拡散してもらえる可能性もあります。記事執筆が行える人が社内にいない場合は、クラウドソーシングでライターを確保できるため、気軽に始められることもコンテンツマーケティグの魅力です。

デメリット

広告運用は即効性が見込めますが、コンテンツマーケティングで効果を得るには時間を要します。継続的にコンテンツを制作していき、PDCAサイクルを回して検証していかなければいけません。しかし、大抵の企業がコンテンツ制作を継続できずに失敗してしまいます。また、宣伝広告費はかかりませんが、人件費はかかることもデメリットです。

海外コンテンツマーケティングの変遷

先進国のコンテンツマーケティングは進化しています。どのように進化をしているのか、コンテンツマーケティグの変遷と共に確認しましょう。

1.Webページ

Webページテキストは、Googleに評価されやすいように制作していきます。SEO目的で作るコンテンツをテキストベースのコンテンツといいます。以前は、Googleに評価されやすいテキストを埋め込むWebページ制作が主流だったのです。

2.リッチコンテンツ

リッチコンテンツとは、ビデオ・インフォグラフィックス・E-book・ホワイトペーパーなどのビジュアルコンテンツです。デキストベースのコンテンツより、直感的に理解しやすく、SNSなどでシェアされやすいコンテンツです。Google評価を意識するよりも、ユーザーにとって有益な情報を届けることに注力されるようになりました。

3.パーソナライズ化されたコンテンツ

マーケティングオートメーションツールを使用したパーソナライズ化されたコンテンツのことをいいます。商品購入意欲が高いユーザと、購入意欲が低いユーザに見せるコンテンツを分けるユーザーリアクションに応じてコンテンツを変えることが多いです。

4.インタラクティブなコンテンツ

これまでのコンテンツは、企業側が一方的に提供するものでしたが、クイズ、コンテンツ、ゲーム、カリキュレーターなどのツールを活用して、ユーザも参加できるコンテンツにしたものをインタラクティブなコンテンツといいます。

海外コンテンツマーケティングの成功事例

海外コンテンマーケティングの種類や内容はさまざまです。そのため、海外コンテンツマーケティングの成功事例を確認してみましょう。成功事例を確認することでアイデアが蓄えられていくはずです。ここでは、海外コンテンツマーケティングの成功事例をご紹介します。

The Gas Monker Garage

(出典元:https://gasmonkeygarage.com/)

The Gas Monker Garageは、従業員にフォーカスを当てたコンテンツを制作して、ブランディング化に成功している企業です。The Gas Monker Garageのメンバーが、バイクや車の部品の仕入れから組立て、販売までのプロセスを撮影した番組を公開しており「FAST N’LOUD」が大人気となりました。インフルエンサーを起用せずに、スタッフを起用するというのが、珍しい事例です。

The line

(出典元:https://theline.com/)

The lineは、ファッションや家具の通販サイトですが、商品1つ1つのストーリーや、デザイナーの商品づくりに対する想いをコンテンツ化しています。ブランディングにも成功しており、SNS上で商品購入者が情報拡散して多くの方に認知されています。コンテンツで付加価値を与えることに成功している事例です。

Bark Box

(出典元:https://www.barkbox.com/)

Bark Boxは、犬が楽しめるオモチャ、健康に良いドッグフードを毎月届けるサービスです。普段なかなか見つけづらい犬が喜ぶパッケージが毎月届きます。Bark Boxでは、ユーザ参加型のコンテンツを取り入れており、犬の保護活動のCSR活動を実施しています。CSR活動に参加できるコンテンツを用意しており、コミュニティを大きくできている成功事例です。

海外コンテンツマーケティングなら「まじすけ」へ

(出典元:https://majisuke.com/)

海外コンテンツマーケティグは、インタラクティブなコンテンツである必要があります。また、海外向けのコンテンツ制作をする場合は、進出国の文化や習慣を把握したライターがコンテンツ制作するべきです。もし、進出国の文化や習性に関する知識や語学力が足りないと感じた場合は、株式会社まじすけにご相談ください。ここでは、株式会社まじすけがお客様のために、ご提案できることをご紹介します。

文化や習慣を把握したライターがコンテンツを制作

海外コンテンツ制作は、現地の人が違和感を感じることがないものを作ることが大切です。そのため、文化や習性を理解しておく必要があります。これらを理解しないまま、コンテンツを制作していくと現地にマッチしないものになりかねません。まじすけは、進出国の文化や習性を理解しているスタッフによるコンテンツ制作サービスを提供します。

さまざまな海外PR方法で最良の集客案を提案

進出国によって、利用されている検索エンジンやSNS、メディアは異なります。そのため、進出国ごとにマーケティング方法が異なるのが一般的です。コンテンツマーケティング以外にも集客方法があります。株式会社まじすけでは、コンテンツマーケティグ以外でのPR方法の提案もさせて頂きます。

海外に豊富なネットワークを所有している

コンテンツマーケティングの種類は、さまざまです。記事執筆、コラム制作、広告制作、動画制作、インフォグラフィックス制作など、海外のプロフェッショナルとパートナー関係を持っています。この豊富なネットワークを活用したマーケティングサービスをご提供します。

まとめ

今回は、海外コンテンツマーケティングについて解説しました。国内と同じような方法で、コンテンツマーケティグをしても成果が出るとは限りません。進出国の文化や習慣を理解した上で、現地の国の人に読んでもらえるコンテンツを制作しましょう。コンテンツは制作したら、企業の資産になるのが最大のメリットです。
もし、コンテンツを制作したいけれど、社内にノウハウがないとお悩みの方は、株式会社まじすけまでご相談ください。進出国に見合うコンテンツマーケティングを提案させていただきます。

この記事をシェアしよう!

まじすけ株式会社では世界20ヵ国以上の現地マーケターと共に、BtoCサービスの海外マーケティングを支援しています。「自社の商品やサービスを海外に展開したい」、「どこの国をターゲットにするか悩んでいる」などご質問・お悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

お役立ち資料一覧 会社概要資料 実績紹介 無料コンサルを依頼

まじすけ株式会社のサービス

海外SNS運用

海外インフルエンサー施策

スタートアップ向けコンサルティング

海外向けUX改善

スタートアップ、C向けサービスの海外進出マーケティングを支援します。

ご質問・お問い合わせ、お気軽にご相談くださいませ。