無料コンサルを依頼
この記事をシェアしよう!

スマホの普及によって、SNSマーケティングが注目を集めています。SNSマーケティングの中でも、ツイッターマーケティングを正しく運用できずに、効果が見込めないと悩んでいるWEB担当者も多いです。
しかし、ツイッターの目的や運用方法が分かれば、顧客とのコミュニケーションの機会が増えて、ビジネス機会を得ることができます。そのため、ツイッターマーケティングについて学びましょう。この記事では、ツイッターマーケティングの目的から運用方法まで分かりやすく解説します。

ツイッターマーケティングとは

そもそもツイッターマーケティングとは、どのような特徴を持っているのでしょうか?まずは、ツイッターマーケティングのメリット・デメリットをご紹介します。

ツイッターの特徴

ツイッターは、ツイートと呼ばれる全角で最大140文字の短文メッセージや画像・動画を投稿することができるSNSです。LINE for Businessの見解によると、2019年度の国内の月間利用ユーザー数は4,500万人にもなります。
他のSNSやブログなどと比較すると、緩く繋がることができて、若者だけではなく40代・50代など、幅広い年齢層に使われていることが大きな特徴です。また、世界でもTwitterのユーザーは多いため、越境ビジネスにも使用されます。このような特徴を持つSNSを活用したマーケティングが、ツイッターマーケティングです。

メリット

・拡散力がある

ツイッターの機能「ハッシュタグ」を使用すれば、そのキーワードで情報収集しているユーザーの目に触れやすくなります。上手くいけば「リツイート」や「いいね」のエンゲージメントを獲得できます。リツイートしてもらえれば、ユーザーのフォロワーにツイートを拡散してもらえるのです。そのため、新たな見込み顧客を獲得できます。

・ユーザーの声が聞ける

ツイッターユーザーは、匿名で利用している人が多いです。Facebookの実名で利用するSNSとは異なり、匿名で利用するため発言がしやすいのです。そのため、ツイッターはユーザーと近い距離で話ができます。このユーザーの意見を活かして、サービスの改善や開発も行えます。

・すばやく対応できる

検索で企業名やサービス名を入れると、顧客が投稿したツイートを見ることができます。提供しているサービスに不具合が発生したとき、企業やサービスの評判・口コミとして、ツイッターで不具合を報告するユーザーもいます。このような不具合に迅速に対応すれば、「意見を聞いて対応してくれる企業」と好印象を抱いてもらえるはずです。

デメリット

・効果が出にくい

ツイッターマーケティングは、すぐに効果が出るものではありません。最初は「リツイート」や「いいね」などのエンゲージメントを増やしていかなければいけません。ツイートの投稿を上げていくことで、ユーザーとのコミュニケーションが徐々に増えていきます。そのため、効果の即効性は期待してはいけません。

・炎上リスクがある

ツイッターのユーザーは匿名で利用している方もいます。匿名で発言のしやすさが魅力のSNSですが、炎上リスクがあることを理解しておかなければいけません。企業アカウントが炎上すれば、マイナスイメージになってしまいます。そのため、投稿内容は慎重に検討する必要があります。

ツイッターマーケティングの目的

ツイッターアカウントを作成する前に、目的を定めておきましょう。ツイッターマーケティングを行う企業は、どのような目的で運営しているのでしょうか?ここでは、ツイッターマーケティングの目的をご紹介します。

潜在顧客の育成する

自動車や家電などを、即断即決で購入する方は少ないです。ハイブランドの商品購入には、必ず検討期間があります。このような潜在顧客とコミュニケーションを図り育成できることが、ツイッターマーケティングの魅力です。

顧客とのコミュニケーションツール

ツイッターは匿名性が高いSNSです。そのため、ユーザー同士が自由に発言しやすくなっています。そのため、顧客とのコミュニケーションツールとして、ツイッターマーケティングを始める企業が増えています。

商品開発に役立てる

ツイッターアカウントを開設すれば、商品やサービスに関する評価や質問など、顧客の声を聴くことができます。この声を活かせば、商品開発に役立てることができるのです。 顧客の求めているもの、需要を調べるためにツイッターを活用する企業が増えています。

ツイッターマーケティングの運用方法

実際に、ツイッターマーケティングはどのように運用していくのでしょうか?ここでは、ツイッターマーケティングの運用方法をご紹介します。

Attention:注目させる

ツイッターの検索にキーワードを入力すれば、キーワードに関連する投稿が一覧で見ることができます。一覧表は、ツイッターの投稿順となっているため、自社商品や製品を知らない人に投稿を見てもらうことができます。そのため、ターゲットが検索するキーワードに関連したツイートを投稿して注目してもらいましょう。

Interest:興味を湧かせる

ツイッターのユーザーは、自分に有益な情報を収集しています。そのため、ターゲットが求めている情報をツイートで投稿したり、面白いツイートを投稿して興味・フォローしてもらいましょう。また、投稿にコメントが付いた場合は、素早く返信を出すことで喜んでもらえます。

Desire:ファン化させる

面白い情報や役立つ情報を投稿したり、コメントに返信を出すことで、顧客とのコミュニケーションが始まり信頼関係が築けます。信頼関係を築いていくことで、顧客の購買意欲を掻き立てます。

Action:行動させる

ツイッターで企業や商品に関する情報を得たフォロワーが、商品購入に至ります。

ツイッターマーケティングのポイント

ツイッターマーケティング運用にはコツがあります。ここでは、ツイッターマーケティングのポイントについて解説します。

1.見やすい投稿にする

ツイッターユーザーは、SNS上で興味・関心のある情報収集をしています。そのため、分かりやすい投稿が好まれます。例えば、ツイッターの投稿で「操作方法」を説明する際は、箇条書きで説明すると分かりやすいでしょう。
企業アカウントの中には、操作方法の動画のURLを貼り付けるところもあります。このように、どれほどユーザー目線で見やすく分かりやすい投稿を行えるかが、ツイッターマーケティングで重要となります。

2.アイキャッチにこだわる

ツイッターには、数多くの投稿が挙げられています。テキストだけの投稿では、情報が埋もれてしまいがちです。そのため、アイキャッチもこだわるようにしましょう。アイキャッチを投稿に付けるだけでも、目立つようになり、多くのエンゲージメントを獲得できます。

3.エピソードツイートを配信する

ツイッターは、ユーザーの感情に訴求するような投稿が拡散されやすいです。ユーザーの心を刺激して、購買に導いています。例えば、パーソナルジムのビフォー・アフターの写真を投稿して、ダイエットのやる気を出させるような投稿はエンゲージメントを獲得しやすいです。

4.役立つツイートを配信する

ツイッターのユーザーは、役立つ情報を収集しています。そのため、自社都合の広告配信ではなく、ユーザーが役立つ情報を配信しましょう。例えば、マーケティング担当者に向けたマーケティングノウハウなど役立つ情報がエンゲージメントを獲得しやすいです。

5.リツイートする

自社商品・サービスに関するツイートが投稿されていたら、リツイートしましょう。購入した商品やサービスを提供している企業からリツイートされると承認欲求が満たされて嬉しくなります。このようなリツイートによって、既存顧客をファン化させていくことが大切です。

6.コンセプト設計を行う

ツイッターは、140文字のテキストをツイートで配信するSNSです。文字数に制限があるため、似たり寄ったりに陥りがちになるため、コンセプト設計は入念に行いましょう。ツイッターマーケティングに成功している企業は差別化が上手にできています。そのため、成功事例を参考にしながら、コンセプト設計を行いましょう。

ツイッターマーケティングの成功事例

実際に、ツイッターマーケティングで成功をしている企業事例をご紹介します。

株式会社石井マーク(@ishiimark_sign)

株式会社石井マークは、標識・警告表示ラベルを製作している会社です。ニッチな分野ですが、警告表示ラベルを活用して、ユーザーに役立つ情報を配信することで、コメントやいいねのエンゲージメントの獲得に成功しています。季節のイベントに関する注意事項についてユーモアを交えて紹介しており、アイキャッチのクオリティにも力を入れています。

山芳製菓株式会社(@yamayoshiseika)

緩いつながりができるツイッターマーケティングは、キャラクターマーケティングと相性が良いです。山芳製菓株式会社でも「わさっち」が起用されていますが、「わさっち」を描いている担当者目線のツイートを投稿するという形式が取られています。キャラクター自身が発言する投稿とは異なり、キャラクターを客観的な視点で使用しやすくなります。

ファイアーエムブレムヒーローズ(@FE_Heroes_JP)

スマートフォンゲームで大成功を収めているのが「ファイアーエムブレムヒーローズ」です。このゲームの魅力は、フォロワーの意見を瞬時に反映させることでユーザーの指示を集めています。また、ゲームに新機能を追加した場合など、フォロワーに瞬時に伝えることができます。ファイアーエムブレムヒーローズは、ツイッター上で、ユーザーと真のコミュニケーションができている成功事例といえるでしょう。

まとめ

今回は、ツイッターマーケティングの目的や運用方法についてご紹介しました。ツイッターは、他のSNSマーケティングと比較すると効果が出るまで時間を要しますが、顧客とのコミュニケーションが取りやすく、潜在顧客の育成や商品開発に役立つ情報が得られます。匿名性が強いSNSのため、顧客のリアルな声を取り入れやすいのが大きな特徴です。他のSNSにはない特徴があるため、ぜひ、これを機会に、ツイッターマーケティングを始めてみてください。また、越境ビジネスにもツイッターは活用されます。越境ビジネスをご検討の方は、ぜひ、海外マーケティング会社の「まじすけ」までご相談ください。

この記事をシェアしよう!

まじすけ株式会社では世界20ヵ国以上の現地マーケターと共に、BtoCサービスの海外マーケティングを支援しています。「自社の商品やサービスを海外に展開したい」、「どこの国をターゲットにするか悩んでいる」などご質問・お悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

お役立ち資料一覧 会社概要資料 実績紹介 無料コンサルを依頼

まじすけ株式会社のサービス

海外SNS運用

海外インフルエンサー施策

スタートアップ向けコンサルティング

海外向けUX改善

スタートアップ、C向けサービスの海外進出マーケティングを支援します。

ご質問・お問い合わせ、お気軽にご相談くださいませ。