無料コンサルを依頼
イメージ画像

海外向けYouTube動画広告

海外向けYouTube動画広告

当サービスでは海外向けのYouTube動画広告を制作から広告運用まで一貫して行います。視聴者の興味を引く動画を作成し、認知度の増加や新規ユーザーの獲得に貢献します。

YouTubeは現在月間20億人が利用する巨大動画プラットフォームです。YouTubeは2007年5月頃に動画視聴回数の多い動画投稿者に対して広告収入を分配するパートナープログラムが開始されたことで、YouTuberと呼ばれるフォロワーを多く抱えたクリエイターが登場しました。そして近年では登録者数の多いYouTuberを活用したインフルエンサーマーケティングが国内外問わず人気を博しております。

YouTube動画広告は、動画の再生時や再生中に映像型の広告を流すものになります。YouTuberもこのYouTube動画広告から一部の料金が収益として還元される為、人気の要因となっています。
YouTube動画広告は適切な設定を行うことで人気動画の合間に広告を出すことができます。近年では少額から始められるテレビCMのような立ち位置となっており、動画を見たユーザーが興味を持つ動画を用いることで、広告効果の最大化できます。

3種類のYouTube動画広告

①ハンパー広告

ハンパー広告とは、動画再生開始時と動画の途中に再生される動画広告のことを指し基本的に6秒~10秒の短い動画広告のことを指します。視聴者は広告をスキップすることができない為、必然的に再生完了率は高くなります。また広告の再生回数が1,000回毎に課金が発生する仕組みになっております。

②インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画再生開始時と動画の途中に再生される動画広告のことを指し、視聴者は映像が流れてから5秒後にスキップすることができる広告です。基本的にインストリーム広告の長さは30秒となっており、視聴者が広告をクリックした場合か30秒の動画を視聴完了した際に課金される仕組みになっております。

③TrueView ディスカバリー広告

ディスカバリー広告は上記の2つの広告のように動画の再生時の表示される広告ではなく、一般的にYouTubeの検索窓の下に表示される広告のことを指します。広告の表示方法はパソコンとモバイルで異なっており、パソコンでは検索後に動画の一覧として表示され、モバイルではYouTubeのトップ画面に表示されます。

まじすけ株式会社のYouTube動画広告

弊社では海外向けのYouTube動画広告の作成から効果想定まで行っておりますので、こちらからご確認ください。
まじすけ株式会社では以下の施策を対象国のネイティブスピーカーと共に実施いたします。

【施策】
- 広告用の動画クリエイティブの作成
- 適切な広告ターゲティング選定
- 動画クリエイティブのテスト
- 動画広告における翻訳
- サービス紹介動画の作成

上記の項目についてご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

YouTube動画広告運用のスケジュール

【流れ】
・お問い合わせ
まずはこちらからお問い合わせください。

・ウェブサイトやアプリについてのヒアリング
現在のプロダクトの状況や、ターゲットユーザーについてのヒアリングを行います。

・ご検討
提案内容をご検討ください。

・企画の立案
ターゲットユーザーに合わせて、適切なYouTube動画広告の企画を立案します。

・動画広告の作成
弊社のネイティブスタッフと共に、リーチしたい国の言語で動画広告を作成します。

海外向けYouTube動画広告の関連サービス